このコーナーでは皆様からのお天気に関するご質問などをお待ちしています。
こちらまでメールにてお送り下さい。info@soramite.com
 
Q、この冬は暖冬ですか 吉川昌夫さん 2008/1/8

A、暖冬に変更!前の冬ほどの大暖冬ではないけど

12月の気温は北日本では平年並みですが、東日本・西日本は平年より高くなりました。気象庁が1/4に発表した一ヶ月予報によれば、東日本や西日本には寒気の南下が一時的で気温は高めということです(北日本は時々寒気が南下)。ただし、寒気が南下すると日本海側では一時的に大雪になることもあり、「大雪」と「雪解け・なだれ」を繰り返す危険があります。実際、年末から年始にかけて大雪が降り、年始の時点では平年より2倍以上の積雪となりました。この冬はこのように寒気が南下すると、寒気自体、比較的強い傾向がありますので今後も注意が必要です。それから、もう一点、北日本に時々寒気が南下しやすいということは、低気圧が本州の太平洋側を通過すると、北日本の寒気が低気圧に吹き込んで太平洋側でも大雪になることもあります。これから受験シーズン、特に雪に慣れていない首都圏の平野では積雪による交通の乱れや足元に気をつけてくださいね。

Q、4月半ば以降、コートを着る日ってあるの 亀井好美さん 2004/4/14

A、1日か2日はある

4月13日は東京の正午の気温が11度2分でした。前日の最高気温が25度ぐらいだったので、寒く感じました。私の調査によれば、東京では15度以下になるとコートを着る人が出始めます。4月15日以降、東京で15度以下の日は1994年から2003年の間で16日ありました。つまりは、一年で1日か2日はあるということです。冬のような厚いコートはもうしまっても結構ですが、薄手のコートは6月1日の衣替えまで残しておくといいでしょう。

Q、関東では南部より北部(内陸)の方が高温になるのは ナノカさん 2004/4/12

A、関東の北部(内陸)は海の影響が小さく、昼間は熱しやすい

晴れているときは、南部(海のそば)より北部(内陸)が高温になります。それは、日ざしがあれば海は熱しにくいのに対して、陸は熱しやすいからです。しかも、南風が吹くときは東京の人工熱による暖かな空気が熱せられながら北部の地域に流れ込むので、北部では一段と高温になります。2004年4月12日は関東の北部の前橋で28度、一方、南部の東京は24度7分でした。

Q、香川県の3月30日ごろは雨っぽいの 古橋紀子さん 西宮市 2004/3/21

A、過去の統計から雨の確率は40%

古橋さんは今月下旬に香川県でゴルフ旅行をされるとのことです。天気はいかがでしょうか、というご質問です。特に、3月30日は統計的に雨が降りやすい雨の特異日なので天気が気になりますね。過去10年の香川県高松の3月30日の天気は4回雨になっています。この時期は、菜種梅雨と言って冬と春の空気のぶつかり合いで曇りや雨の天気が増えてきます。ことしも、低気圧が次々と通り、3日に1回は雨が降りそうな予想です。つまり、2泊3日でゴルフ旅行すると一日は雨が降るということになります。ですから、雨のゴルフ対策は必要ですね。クラブをぬらさない様にタオルを余分に持ち、防水スプレー、カッパも準備した方がいいですね。雨の日はまだまだ寒いですから、カイロもあると安心です。

Q、九州ではもう雪が降らないの  うどんこさん 2004/2/26

A、3月も雪の降ることがありそう

この冬は寒かった九州、雪の積もる日が何回かありました。この冬の寒気団は西回りコースといって、朝鮮半島から九州に向かって南下することが多く、寒い冬となりました。2月は極端に暖かな日もあり、このまま春になると思いがちですが、そう簡単には行かないようです。実を言うと、ことしの3月は寒気が南下しやすく、結構、寒い日が多くなりそうです。ですから、3月になっても九州では雪に対する注意が必要です。ちなみに、福岡の雪の終わりの平年日は3月13日、過去で最も遅い雪は1913年5月11日です。

Q、あられの降る条件を教えて  おおのともこさん 2004/2/20

A、寒気が流れこんだとき

あられは、直径5ミリ未満の氷の粒のことをいいます。それより大きいものは「ひょう」といいます。この冬の大寒寒波のときに沖縄でもあられが降ったというニュースが流れました。このころは確かに寒気が沖縄まで流れ込み、九州では大雪でした。あられの出来方は、上空に寒気が流れ込んでくると暖かい海と上空との気温差が大きくなり、もくもくとした雲が発生します。夏の入道雲より小さい鉛直方向に発達した雲です。このような雲の中では小さな氷の粒に雲の水滴が凍りつき、だんだんと大きな氷に成長します。やがて上昇気流で支えきれなくなった氷の粒は地上に落ちてきます。速いスピードで上空から落ちてくるので、南国沖縄でも氷の粒が解けずに地面に達するのです。

Q、マラソンに適した気温を教えて 小林めぐみさん 2004/1/23

A、気温5℃〜15℃

マラソンシーズンです。ことしはアテネオリンピックの選考レースがありますから、マラソンからは目が話せませんよね。記録や内容で代表が決定されるので、気温も含めた気象条件が注目されます。マラソンの適温といえば、5℃から15℃といわれています。寒すぎても体が動かず、冷えが襲ってきます。逆に、暑いと発汗が多くなり、脱水症状を起こすことがあります。この時期のマラソンは適温で行われることが多く、いい記録は出やすくなります。しかし、マラソンは記録もさることながら内容が重要だと思います。いい記録の出やすいコースもありますから。その点、去年11月の高橋尚子選手が気温24℃の中で出した日本人トップの2時間27分は立派です。

Q、新潟で雪のとき、東京で寒くなるのはなぜ ナノカさん 2004/1/16

A、新潟で雪を降らせた冷たい北風が東京に流れ込むから

冬になると北風が吹くことが多くなります。東京から見て、新潟は北にありますよね。つまり、東京の空気は新潟を通ってやってきているといってもおかしくはありません。新潟では冬になると雪になることが多くなります。新潟で雪を降らせた空気は、山を越えて東京に行くことになります。山を越えてしまうと雪雲はなくなってしまい、冷たい空気だけが関東平野を南下するのです。こうして、新潟からはるばる250km、冷たい空気が東京までたどり着くのです。

Q、気象衛星の後継機は うどんこさん 2003/12/23

A、2003年度内の打ち上げは厳しい

度重なるロケット打ち上げトラブル、気象衛星製造トラブルで、気象衛星ひまわり5号の後継機の打ち上げは延期されてきました。そこに追い討ちをかけるように、2003年11月29日のロケット打ち上げ失敗により、2003年度内に予定されていた気象衛星打ち上げは再延期されそうです。ひまわり5号は設計寿命をはるかに超えているために2003年5月に運用を中止し、アメリカのゴーズ9号が助っ人気象衛星として代わりに観測をしています。実は、このゴーズも設計寿命を超えているためにトラブルが絶えません。もしものことがあったら、わずかながら動けるひまわり5号の再登場も考えられているようです。もし、ひまわり5号も完全にダメになったら・・・。しばらくは綱渡りが続くでしょう。

Q、キリとクモは同じものなの 大橋風音さん 8歳 2003/11/14

A、同じ小さな水や氷のつぶ

キリとクモは同じものでできています。しかし、小さなつぶが空にういているかどうかでキリとクモとよびわけられます。ういていてとおくが見えればクモです。そうでなければキリです。でも、山は高いところにあるので、クモにとどいてしまうことがあります。こんなときは、そこの山にのぼってクモの中に入ったらキリになります。

Q、台風が南へ進むことはあるの es206さん 2003/10/28

A、たまにある、2003年の18号台風がそう

台風の動きは風任せなんです。上空の風に流されて動くのです。ですから、台風が南に動くこともあります。通常の台風は日本の南の海上では西へ進み、日本付近に北上してきたら東へ向きを変えます。ですが、次の3つのいづれかの状況になると複雑な動きをし、南に進むことがあります。一つは勢力の強い高気圧にブロックされるとき、二つ目は真夏のように上空の風が弱いとき、三つ目は近く(1000km以内)に複数の台風があるときです。三つ目の状況を発見者の名にちなんで”藤原の効果”といい、台風同士がぶつかって合体することだってあるのです。2003年の18号台風は日本の南東の海上で時計回りにぐるりと一周しています。これは、上記の一つ目の条件にあてはまります。ちなみにこの台風の名前はパーマ、”名は体を表す”ですね。

Q、10月23日は晴れの特異日なのに、なぜ東京で雨なの あおだいしょうさん 2003/10/23

A、過去の統計に反して、寒冷前線が通過したから

特異日とは、過去の統計から見て、前後の日と比べて特定の天気が突出して現れやすい日のことです。10月23日の東京は、過去30年で晴れの確率が80%になっています。前後の日の晴れの確率は60%ぐらいですから、この日だけが特別に晴れ易いことを表しています。自然のリズムがそうさせているのでしょう。ただし、ここ5年間では3回雨になっていますように、ややリズムがおかしくなってきています。そして、ことしは寒冷前線が通過して雷雨になりました。午前中はよく晴れていたので、やっぱり特異日だな〜って思っていたのに突然の雨でした。この他、東京では晴れの特異日が11月3日、雨の特異日が6月28日となっています。

Q、冷夏の後の冬は、スキー場の雪が少ないの ふりさん 2003/10/11

A、ほとんどそうならない

ふりさんはスキーが大好きです。「冷夏の後はスキー場の雪が少ない」ということを聞きましたが、本当はどうなんでしょうか、というご質問です。スキーヤーにとっては気になる言葉ですよね。しかし、心配しなくていいですよ。東日本(関東甲信、北陸、東海地方)が冷夏だった後、北陸の雪の量はどうだったか調べました。1950年以降、東日本が冷夏だった年は20回あります。このうち、少雪は5回、多雪は5回、どちらでもないのが10回でした。過去の統計では、たった25%の確率で少ない雪となっています。つまり、ほとんどそうならないということです。ちなみに、9/25に気象庁から発表された冬の予報では、北陸の雪の量は平年並みか平年より少ないとのことです。北海道から東北地方にかけての日本海側では、平年並みの雪の量になりそうです。

Q、ぜんそくにかかりやすい季節はあるの かえるの母さん 2003/9/29

A、秋にかかりやすい人が多い

かえるの母さんのお子さんは、時折、喘息の発作が出るとのことです。実は私の息子も喘息なんです。昼間は元気だったのに、夜中になって発作が出で苦しがる姿を見るとどうにかしなかれば・・・と思います。複雑な原因で発作が出るので一概には言えませんが、統計を見ると秋に発作の出る人が多くなります。気象条件では、気温が急激に低下する時です。以前は、台風が接近する時に発作が出ると言われていましたが、最近の研究では移動性高気圧に覆われる時には注意が必要です。このような時は、昼間には暖かくても、朝晩は急に気温が下がります。ぜんそくの注意日は、秋に高気圧が日本列島を通過する時です。

Q、夏に使いそびれた「簾(すだれ)」は、まだ使えるの 西村みどりさん 2003/9/18 

A、暑い時の昼間、南側の窓に使ってみては

簾(すだれ)は夏の季語です。夏の暑さをしのぐために昔から使われています。我が家では西日が強いので、西側の窓にかけていました。しかし、ことしの夏は涼しかったので西村さんも簾を使う機会が少なかったとのことです。秋には使ってもいいのでしょうか、というご質問です。秋といえどもまだまだ暑い日があります。しかも、秋の日ざしは、夏よりも斜めから照り付けるので、日中、南側の窓から部屋の中までさし込んできます。ですから、昼間、暑いときには南側の窓に簾をかけると涼しいさを感じることができます。試してみてはいかがでしょうか。余談になりますが、暖簾(のれん)という言葉があります。今は軒先に張って日よけをする布のことですが、もともとは寒風を防ぐための垂れ幕だったようです。冬でも簾で風よけなんてこともできますね。

Q、突然のにわか雨の予想、どうチェックすればわかるの カナさん 2003/9/15 

A、「ところによって一時雨」というコメントまで聞いて

突然のにわか雨で洗濯物がびしょびしょ、という経験の人もいらっしゃることでしょう。カナさんもその一人でした。ほんの数時間出かけただけなのに・・・・。お気持ちよ〜くわかります。突然の雨というのは、そもそも1時間程度降って終わるというパターンがほとんどです。どんなにすっきり晴れていても、急に曇るので油断ができません。このような時の天気予報のチャックの仕方は、まず、コメントもよく聞く事です。テレビの天気予報では、マークだけで判断してはいけません。「ところによっての雨」はマークには表現されませんから。しかも、降水確率はぜいぜい20〜30%程度です。気象キャスターがいう、「ところによって雨」というコメントをしっかりと聞き逃さないでください。ちょっとお出かけになるときでも、インターネットで雨雲の様子を見るのもいいでしょう。また、177の天気予報で雷注意報が出ていないか聞いてみてください。自信がなければ、洗濯物は取り込んでからお出かけになるといいでしょう。

Q、どうしておつきさまやたいようはあるくとついてくるの こばやしさよかちゃん 2003/9/13

A、ずっととおくにあるから

たいようやおつきさまは、きっとみんなのことがすきなんですね。ずっととおくにあってもみんなのことをみていてくれるんです。やさしいです。さよかちゃんもそんないいひとになってくださいね。つきやたいようのように、とおくにあって大きいのものはどこからでもみえるので、まるでついてくるようにかんじるんです。たとえば、でんしゃにのっていてでんしゃのまわりのビルはどんどんとうごいているようにみえても、つきやたいようはほとんどうごかないから、びるのむこうがわをいっしょについてきているようにかんじますね。

Q、大阪より東京の方が涼しいのは まとちゃん 2003/9/8

A、東京は寒流の影響を受けるから

大阪に在住の方からのご質問です。冷夏のことしの真夏日(30度以上、6〜8月)は、東京で24日、大阪で45日でした。大阪は東京の2倍の真夏日ということですね。まさか、ことしは阪神フィーバーで暑い、と思ってたんじゃないでしょうね!?もうまもなく、季節外れの六甲おろし(六甲山から吹き降ろす冬の北風)が吹きますよってところで本題に入ります。親潮と呼ばれる寒流が、北海道から関東にかけての太平洋沿岸には流れています。この海を吹き渡る風が流れ込む東京は、大阪に比べて涼しくなります。この涼しい風は、箱根や富士山などの高い山にさえぎられて大阪には届きません。9月は、箱根の山より西側の、東海地方から九州を中心に暑さが続きそうです。

Q、冷夏になった原因は 明日香さん 2003/8/26

A、一つは、太平洋高気圧が日本列島に勢力を広げなかったため

10年ぶりの冷夏となっています。すでに日本列島には秋雨前線が停滞し、真夏がほとんどないまま梅雨から秋雨にバトンタッチされています。冷夏になった原因を自由研究でやりたいと、明日香さんはおしゃっています。原因はいろいろありますが、その一つが太平洋高気圧の勢力です。いつもの夏と比べると、北への張り出しが弱く、日本列島を覆うことが少なかったです。このため、夏空が少なくなり、気温も低くなりました。では、なぜ太平洋高気圧が北へ勢力を広げなかったのでしょうか。その理由の一つとして、フィリピン付近で台風の発生が少なくなっていることがあげられます。この海域で台風が発生すると、太平洋高気圧を強めるということが知られています。

Q、「何月並の涼しさ」、表現が遡ったり進んだりする境目は 風小僧さん、加藤さん 2003/8/25

A、8月上旬

質問の意図は、涼しさの表現で7月までは4月並と”遡って”表現していたのに、8月のお盆を過ぎたころから10月並という先に”進んだ”表現を使うのはどうしてでしょうか、ということです。気温が最も高いのは8月上旬なので、気温のピークより前か後かで表現が変わってくるのです。つまり、8月の上旬より前の涼しさは春に遡って表現し、後の涼しさは秋に進んで表現されます。

Q、ことし梅雨明けが遅れたのはどうして 田村久美子さん 2003/8/21

A、オホーツク海高気圧が強いため

オホーツク海高気圧とは、涼しい空気を日本列島に送り込む役割をします。この高気圧が強いと、日本の南の海上の太平洋高気圧(夏の空気を持っている)との間に梅雨前線が停滞して真夏がやってきません。ことしは、8月になっても依然としてオホーツク海高気圧が強いために、梅雨明けの発表された地域でもお盆には涼しくなりましたね。結局、東北地方の北部は梅雨明けの発表がありませんでした。東北地方の南部や北陸、関東甲信地方は、梅雨明けの発表があってからも夏空が長続きせず、ひょっとしたら梅雨明けが撤回されるかもしれません。

Q、もう、夏は終わったの うどんこさん 2003/8/14

A、20日ごろから残暑がぶりかえしそう

東北地方は冷夏となっていまして、稲の生育にも遅れが出ています。そして、お盆になってからは、関東から九州でも梅雨に戻ったような天気となっています。前線が日本の南海上に停滞し、オホーツク海高気圧が日本の北に出現しています。この夏はオホーツク海高気圧が現れやすいのが特徴で、これが東北地方を中心に涼しい夏となっている原因の一つです。暑さが続かないもう一つの理由は、夏の高気圧の勢力が日本付近で弱いことです。高気圧の中心は、日本の東と中華人民共和国付近と二つに分裂した形となっています。こういう時は、日本付近では高気圧の中心から離れているため、夏空が続かないことが多くなります。しかし、20日ごろから夏の暑さをもたらす高気圧の中心が日本付近にやってきて、残暑がぶり返してくることでしょう。

Q、なぜ、気圧の単位がミリバールからヘクトパスカルに変わったの やまおんなさん 2003/8/13

A、国際的な単位にならって

1992年12月、気圧の単位はヘクトパスカルになりました。1000ミリバール(mb)と1000ヘクトパスカル(hPa)は、呼び方が違うだけで同じことなんです。ちなみに世界最低気圧は、台風が沖ノ鳥島を通過した時に観測された870ヘクトパスカルです。一方、世界最高気圧は、中央シベリア高原のアガタ(ロシア)で12月に観測された1083.8hPaです。これは、シベリア高気圧が強かったためです。

Q、花粉情報や紫外線情報、洗濯情報はどこで発表するの G子さん 2003/7/30
A、気象会社
気象会社ってわかりますか。気象情報を流す国の機関が気象庁ですから、それ以外のところです。気象会社は、気象庁から送られてくる情報を加工して、独自の情報を開発しています。昔、ある会社が洗濯情報を開発したときは、実際に洗濯物を会社の前に干して、気象条件と乾き具合との関係を調べたとか。また、花粉情報を開発するきっかけになったのは、某気象キャスターの奥さんが花粉症で困っていたために何とかしなければという思いで調べたとか。そのうち、本人も花粉症にかかってしまったというエピソードもあります。
Q、富士山に笠雲がかかると雨になるのは 夜桜さん 2003/7/21
A、雨の前は、上空の高いところから湿ってくるから
 富士山も雨に備えて笠をかぶるんだよ、と子供に説明したら納得してくれるかもしれません。笠雲ができると、70%ぐらいの確率で雨になります。大人向けにお話しすると、雨の前日は上空から次第に雲が広がって、次第に雲が低いところまで垂れ込んできますよね。これは、上空の高いところから湿った空気が流れ込んでくるためです。富士山はこれをいち早くキャッチして、私たちにその存在を教えてくれるのです。なぜ笠雲ができるかというと、上空の湿った空気が富士山にぶつかるからです。これが山の斜面を昇るため、冷やされて雲ができるわけです。山頂は、夏でも吐く息が白くなるほど寒いですからね。風が山を越えるときの形は、横から見るとちょうど笠のようになるのです。
Q、てるてる坊主付きの指し棒は、今どこにあるの  小林めぐみさん 2003/7/18
A、我が家に保管してあります!
 私はNHKの晩期には、オレンジの棒に変わって、黄色の棒にてるてる坊主を付けて出演していました。てるてる坊主は、ファンの方からいただいたものなんです。実は、その中にはハーブが入っていて、気分を和やかにするような成分が含まれているのです。放送前、ドタバタしてスタジオに入ったときはいつも、てるてる坊主の香りを楽しんでいました。なんとなく落ち着いてくるのです。NHK出演が最後の日には局に置いておこうと思いましたが、てるてる坊主がかわいそうだったので一緒に連れて帰りました。私のことをすべて知っているものですから・・・・。フリーになって初めての講演会(日本工業大学)では、その指し棒を持ってお話しました。今はオレンジ色の棒と共に、我が家の棚の中に保管してあります。次の出演が決まるまで封印しておこうと思っています。

Q、「雷が鳴ると梅雨が明ける」のはなぜ  のんちゃん雲に乗るさん 2003/7/17

A、雷雲の元になる真夏の空気が流れ込むため
 雷雲は、地面付近に真夏の空気が流れ込んでくると発生しやすくなります。暖かく湿った空気は軽いので、地面から上空に吹き上がります。この空気が上空で冷やされて雲になり、タワーのような発達した雲ができます。これが雷雲です。梅雨が明けるころには太平洋高気圧が勢力を広げ、日本付近には真夏の空気が流れ込んできます。ですから、雷が起こるようになるのです。たとえば、東京の雷日数が7月上旬には10日ぐらい、下旬には20日ぐらい(2000年までの20年間の合計)となります。梅雨明けの平年日は7/20ごろなので統計的に見ても雷が増えてきます。そもそも昔は、気象庁から梅雨明けの発表が無かったので、一般の人にとっては雷が梅雨明けのサインだったようです。

Q、平井さん、今、何してるの 小林桂子さん  2003/7/12
A、講演会、アドバイス業、執筆、取材対応など
 どうもご心配おかけしまして、すみません。ごらんのように、病気でもありません。元気がよすぎて困っています。これまでの規制された生活からの解放感というのもあります。フリーの気象予報士になって初めて感じたことは、外の空気っておいしい!ってことでした。これまで以上に季節の移り変わりが新鮮に思えます。私の人生にとって貴重な経験をさせていただいております。今後のTVやラジオの出演はどうなの?と聞きたいのでしょうが、先の見通しは立っていません。ご縁があれば、またどこかで出演する機会があると信じています。それよりも今は、気象予報士としてどんなことにチャレンジできるかを模索中です。それが、地位向上につながると思うからです。環境教育、自然教育、防災教育などに携わるのもいいでしょう。コミュニティーFMをつくって、究極の気象情報をやってみたい!という夢もあります。何かアドヴァイスがございましたらよろしくお願いいたします。ウェザーカフェでもやったら、とおっしゃる人もいます(笑。
Q、梅雨明けの目安は おおのともこさん  2003/7/8
A、晴れが多くなり、防災上、ほぼ安全とみなされたとき
 「梅雨明け」、この言葉を誰もが待ち望んでいることでしょう。梅雨明けの発表があった途端に、ビアガーデンや海水浴場、観光地が賑わうのですから。日本人のお上に従い、気分屋的なところが伺えます。だからこそ、気象台は発表に神経を尖らせます。しかも、”防災上の安全発表”的な意味合いもありますので、慎重にならざるをえないのです。ことしの梅雨明けはどうでしょうか?結構、むづかしいと思います。なぜかというと、その理由の一つはエルニーニョ現象が終わった後の夏は、雨が多かったりするんです。1998年がそうでした。もう一つ、台風が早く上陸した年は、夏が短いという統計的なデータもあります。さらにことしは、いつも以上に強いオホーツク海高気圧(冷夏の原因)の様子を見ながら梅雨明けを判断することになります。
Q、ロンドンは雨がしょっちゅう降るのになぜ洗濯物が乾くの Setia in London  2003/7/3
A、雨の量は少ないから
 Setiaさん曰く、ロンドンは雨がしょっちゅう降るそうです。でも、傘をさす人が少ないそうです。そのあたりに、ヒントがあります。ロンドンの一年間の降水量は750ミリ、東京の半分です。雨の回数は多いのに、1回に降る量はわずかなのです。1ヶ月あたりの降水量は40ミリから80ミリ、東京で言えば冬場の降水量と同じです。同じ島国なのになぜこんなに違うかというと、一つの理由は緯度です。東京は北緯35度ぐらい、ロンドンは約北緯50度。なので、東京の方が雨のもとになる南からの湿った空気の影響を受けやすくなります。
Q、湿度が100%だと水の中と同じなの たねさん小学生のころ 2003/6/27

A、違うけど、肌は水でぬれた様になるよ
 湿度が100%になると、雲や霧の中にいるのと同じ状態になるんです。小さな水滴が空気中にたくさん浮かんで真っ白くなります。そんな中を歩いて、ビショビショにぬれた経験ってありませんか。湿度っていうのは、空気中に含んでいる水分(水蒸気:水が気体になったもの)の割合のことなんです。空気中に含むことのできる水分の量には、限界があります。水分の量が限界に達したときに湿度100%となります。限界を超えると、目に見える水滴となって空中に浮かびます。ちょうどお風呂場のように。一方、限界量の半分の水分ならば50%となります。

Q、湿度がどれぐらいで洗濯物が乾くの さくらさん 2003/6/26
A、湿度だけでなく、風や日ざしなども関係
 梅雨の時期は湿度が高く、洗濯物が乾かないですよね。湿度が60%以上でカビが繁殖しやすいので、あの納豆のようなツーんとした臭いには気をつけましょう。特に、勝負服を着るときは・・・。ということで、明確な答えがでなくて申し訳ありませんが、まずは湿度60%以下にすることが大事です。雨の日はしょうがないので、部屋の中に干して、エアコンのドライで湿度を下げましょう。さらに、効果があるのは風。つまり、扇風機を使って洗濯物に風を当てると水分が飛んで乾きやすくなります。しかし、何といっても日ざしに勝るのものはありません。こんな日は朝晩湿気が多くても、日中の湿度は低くなります。そして、日ざしによって水分が蒸発し、乾きやすくなるのはいうまでもありません。梅雨の晴れ間って大切ですね。
Q、くせ毛の人は湿気が多いと髪が広がるのは 佐々木さん

A、髪の毛が水分を吸収し、曲がるから

 私もくせ毛なのでお気持ちよーく分かります。毛髪湿度計があるように、髪の毛は湿度によって変化しやすいのです。 ソーメンにたとえて説明すると、同じ本数でもゆでる前と後ではボリュームが違いますね。ゆでると水分を吸収し、曲がりやすくなるからです。特に、くせ毛は直毛よりいっそう曲がるので髪が広がってくるんですね。なぜそうなるかは、http://kaminet.com/haircare/kuse.html を参照してください。くせ毛では外側に「O−コルテック」と呼ばれる水によって変化しやすい物質があるからだと考えられています。

Q、「のち」と「時々」の基準を教えて ナノカさん
A、「のち」は天気の傾向、「時々」は時間の長さ
 まず、「のち」についてです。あすの予報が雨のち晴れであれば、前半が雨、後半が晴れになります。ですから、朝の内雨で昼から晴れる時はマークに「→」となります。 次に、「時々」についてです。あすの予報が晴れ時々雨であれば、二十四時間の内、十二時間より短い時間に雨が降ったり止んだりします。こんな予報の時は、一旦晴れても、また午後から雨になることもあります。洗濯物など干す時は注意しましょうね。
Q、梅雨入りはどうやって決めるの
A、梅雨前線によって、曇りや雨の日が続くと見られたとき
 気象庁の週間予報を担当する予報官が判断します。梅雨とは、春から夏にかけて曇りや雨の日が多く日照時間が少なくなる現象のことをいいます。でも、実際にはハッキリとここが梅雨入り!と決めるのは難しいようです。ですから、5日程度の幅もありますし、8月になって修正されることもあります。
Q、どうして白い雲と黒い雲はあるの
A、雲の厚さが違うから
 雲は薄いと白く見え、厚いと黒く見えます。わかり易いように、雲をカーテンにたとえます。薄い一枚のカーテンだと太陽も透けて見えるし、カーテンも白っぽく見えます。もう一枚カーテンをすると、辺りが暗くなりカーテンも黒っぽく見えます。雲もこれと同じです。
Q、一時雨とはどれくらいの時間
A、予報期間の内、四分の一未満の時間だけ雨が続くこと
 私が子供のころ、「一時」とは時刻の一時のことだと思っていました。午後一時雨といったら、午後の一時に雨が降ると思っていました。しかし、これは間違いですね。「一時」は天気の言葉では時間の長さ表します。あすの予報において一時雨ならば、あすの二十四時間の内、六時間より短い時間、雨が降ることになります。
Q、通り雨とにわか雨、夕立はどうちがうの
A、同じ意味
 いずれの言葉の意味は、「急に降ってきてザーザーブリになり、すぐに止む雨」です。ただし、使い方が違います。夕立は季節限定で夏の午後に起こることです。にわか雨や通り雨は、一年中、どの時間帯でも使える言葉です。
Q、ひょうはどんなときにできるの
A、入道雲できるとき 
 直径5ミリ以上の氷の粒をひょうといいます。地面付近が暑くなって、上空に寒気が流れ込んでくると入道雲ができます。入道雲がひょうの工場です。入道雲の中には水滴や氷の粒が沢山あり、強い上昇気流に支えられて落ちてきません。この間に、氷の粒が水滴を取り込んで大きな氷の粒となり、やがて上昇気流で支えられなくなって落下します。これがひょうです。落下速度は直径5センチ以上になると、時速100キロを超えます。