のぶろぐ

hiraikun

皆さん、内多勝康さんを覚えたらっしゃいますか?元NHKアナウンサーで、かつて私と一緒に首都圏ニュース845などの番組でご一緒させていただいた方です。挨拶で「こんばんは」と私と二人で声をそろえてやっていたら反響が良く、番組の終わりでも「失礼しました!」と声をそろえてやるように視聴者からの要望があり、息を合わせて挨拶していたのが話題になった時代がありました。「きょうは1秒ずれたぞ(笑)」なんてね。挨拶の重要性を感じた番組でした。そんな内多さん、NHK退職後は「もみじの家」のケアマネージャーをされております。「もみじの家」は医療的ケア児の生命や暮らしをサポートする施設です。病院では医療的ケア児がご家族と一緒に生活できないため、医療的ケア児とそのご家族が一緒に過ごせることもできる施設です。そのために、看護師、保育士、介護福祉士などの方々が日常的にサポートしています。そのためには経費が必要で、皆さんからの「寄付金」が施設の運営に充てられています。私も微力ではありますが、ケアマネージャーの内多さんを応援させて頂いております。頑張れ!内多さん。http://home-from-home.jp 10/9