のぶろぐ

hiraikun

   気象予報士・防災士 平井信行 

    @Hirainotenki / Twitter

   平井信行 | Facebook

     平井信行(@hirainsuta) • Instagram


◆2022年台風14号、

上陸時の気圧が統計開始以来4番目に低かった!


台風の統計開始は1951年からで、

統計開始以来最も上陸時の中心気圧が低いのは、

1961年第2室戸台風925ヘクトパスカル。

その次が1959年伊勢湾台風929ヘクトパスカル、

3番目が1993年台風13930ヘクトパスカル。

今回の台風14号は4番目に低い記録。

30年ぶりに発達した台風が上陸。

 

実は、統計開始以前には

さらに勢力の強い台風が上陸していた。

伊勢湾台風と並んで昭和の三大台風

室戸台風と枕崎台風。

上陸時の中心気圧は、

前者911.6、後者916.1ヘクトパスカル。

 

これらのデータから個々の台風の発達は

地球温暖化の影響がすべてとは

必ずしも言えない。

台風の発達は海面水温の上昇だけでなく、

台風周辺の湿った空気の存在など

複雑な気象条件が重なることで起こる。

台風発達の仕組みは未解明の部分がある。



2022年9月28日

気象予報士・防災士 平井信行